Madame in Wien



カテゴリ:生活( 4 )


さくらんぼ・パーティー♪

引続き、夏前のネタです

2010年6月下旬、ウィーン郊外に住むKさんから、
「さくらんぼが食べごろになったので、遊びに来て!」
とお誘いを受けて、娘2人を連れてお邪魔してきました。
なんとお庭にさくらの木があり、
毎年収穫してはランチ・パーティーを催していらっしゃるとか。
さくらんぼ狩りは長年の私の夢♪
娘達よりもワクワクしながら参加させていただきました!

f0202678_2212048.jpg


見てください、この広大なお庭!!!
木陰にガーデンセットを置けば、気分はリゾート♪
この左側の大きな木がアメリカン・チェリー
Kさんが収穫の仕方をデモンストレーション中

f0202678_2213330.jpg


長女Aがトライ!
一生懸命背伸びをして採っています♪

f0202678_2214599.jpg


Kさんの旦那様のJさんが子供達のお相手をしてくれました
体は大きいけど、とっても優しいJさん
子供達にまとわりつかれてましたが、
嫌な顔一つせずに、遊んでくれて子供達おお喜び♪
こちらの木は日本のさくらんぼのような実がなり、
甘酸っぱさがたまりません~

f0202678_2215854.jpg


これが収穫したさくらんぼ♪
今年は天気が悪く寒かったので、
例年の半分以下の量とか・・・
でも私たちにとっては貴重な体験だったので、
誘ってくれたKさんに感謝感謝です

f0202678_2221121.jpg


次女Jさくらんぼを頬張るの図(笑)
空っぽになるまでシツコク食べていましたよ!
よっぽど美味しかったんでしょうね

f0202678_2222271.jpg


この日はメインがBBQだったのですが、
食べて飲んで喋るのに忙しく、写真を撮り忘れました・・・
Jさんが焼いてくれたお肉&野菜とっても美味しかったです
写真は私が持参した巻き寿司

f0202678_2225080.jpg


デザートタイムの子供達
MさんちのRちゃんと次女J
子供達って本当に果物好きですね
奪い合って食べていましたよ・・・

f0202678_223319.jpg


そして子供達のお楽しみ時間
なんと陶芸の粘土で遊ばせていただきました!
Kさんは陶芸を始め、絵画・活花・お茶・着付けと多才な方
しかも自宅の地下に焼き釜まで持っておられる本格派なのです
この日は子供達が飽きないようにと、粘土遊び
もちろん子供達も大喜びでした♪

一方大人たちは後ろの方でサッカー・ワールドカップを観戦中!
この日はドイツ戦で、ドイツ人のJさんはもちろん、私たちも盛り上がりました
子供達の相手をしてくださったKさん、ありがとうございました♪

f0202678_2231852.jpg


長女A作のカブ?ラディッシュ???

f0202678_2233349.jpg


次女Jがもの凄い集中力を出したのにはビックリ!
大人しく座ったまま、もくもくと粘土を捏ねていました
そうとう楽しかったらしく、最後には
「帰りたくない~~~」と駄々をこねられました・・・


お天気にも恵まれた素敵な夏のひと時
KさんJさん、本当にお世話になりました!
また来年も誘ってくださいね♪
[PR]
by madameinwien | 2010-09-25 22:06 | 生活

我が家からの景色

f0202678_5141348.jpg

ある週末の朝、外から「ドッドッドッド」と大きな音がするので、
リビングから外を覗いてみると・・・

f0202678_5143076.jpg

なんと大通りを通行止めにして大型バイクの列が!!!
歩いてる人たちは立ち止まり見物
なかには私同様写真を撮っている人まで(苦笑)

f0202678_5144662.jpg

四月にはウィーン国際マラソンが行われたのですが、
その時にもこのように通行止めにして、ランナーが行き来していました

先日金曜日の夕方には「シューシュー」という音が聞こえたので、
外を見るとローラー・ブレードの集団が颯爽と街を流していました
パトカーに先導されて、とても気持ち良さそう♪
以前住んでいたパリのアパートからも同じ景色が見えたので、
ちょっと懐かしくなってしまいました・・・
次はどんな催し物が行われるのかな?ちょっと楽しみです♪

More 派手なビル
[PR]
by madameinwien | 2009-05-20 05:13 | 生活

住まい探し

2009年1月上旬にウィーンに越すことを決め、すぐにネットで住まいを検索
本当は郊外の一軒家を探していたのですが、気に入った物件がなく、
仕方ないので、通勤通学に便利なウィーン市内でアパートを検索
でも冬場なので物件が少なく、結局引越し前に決める事を断念し、
1カ月仮住まいをしながら家を探すことに・・・

そしてこちらへ来て一番最初に訪れたのが、実は現在の住まい
夫の職場の広告で見つけた個人物件だったのですが、
見に行くとあまりにもモダンで素敵過ぎて、
小さい子供が2人も居る家族にはもったいないようなアパート
だってリビング&ダイニング・セットはお高そうなイタリア製
子供達のベタベタな手であちこち触るかと思うと、卒倒しそう(爆)
というわけで、「はぁ~こんなところ住むなんて夢よね~」と
ひとり心の中で諦めていました・・・
しかし紆余左折ありながらも縁があったのでしょうね
結局このアパートを借りることが出来て家族全員大満足♪
今では日々快適な生活を送っています

f0202678_455359.jpg

子供達は二階があるのがとても気に入っていて、
上へ行ったり下へ降りたりしながら場所を変えて遊んでいます
私的にはディッシュ・ウォッシャー&乾燥機があるのが嬉しい♪
一度使い始めたらもう止められません~
鍵を貰って一番最初に夫にお願いしたのは、
階段の上と下二ヶ所にセキュリティー・ゲートをつけて貰う事
万が一二歳半の次女Jが階段で怪我でもしたら、一生後悔しますから・・・

私達がアパートを探す時の第一条件は
「通勤・通学に便利な場所」かつ「安全なエリアであること」
このアパートから夫の仕事場までは地下鉄で4駅目で
電車に乗っている時間はわずか6分!(夫計測)
一駅行けばウィーン中心の旧市街ですし、
長女Aの学校までは徒歩20分と私達にはうってつけの場所だったのです

第二条件は「広さ」と「家賃」
パリ時代に住んでいたアパートはあまり広くなく、高かった・・・
でも魅惑の街パリですからある程度は仕方の無いことなんでしょうね・・・
そして現在の住まいはパリと同等の家賃で広さが1.5倍!
パリ在住の友人ご一同様、ウィーンに引っ越してきませんか?(笑)

第三条件は静かな事
この建物自体が大通りには面していないし、
ウィーンでは防音&防寒のため、二重ガラスは当たり前らしい
そして最上階なので上の階の人の生活音がしないのが最高♪
と喜んでいたら、毎朝鳩がバルコニーにやってきて
目覚まし時計が鳴る前に起こしてくれるんですよ!(怒)
完璧な住まいって難しいんですね・・・
[PR]
by madameinwien | 2009-04-05 04:53 | 生活

最初のドタバタ1カ月

2009年3月末吉日
我が家は夫の仕事の都合で7年間住み慣れたパリを旅立ち、
オーストリアの首都ウィーンへやってまいりました。

まずビックリしたのは気温の差!
パリでは20度だったのに、
ウィーン到着後飛行機を降りたら雪がチラホラ・・・
用意周到な私は一週間前からウィーンの天気をネットでチェック
ちゃんと冬用のコート持参でしたので問題なし!
もちろん子供達も分厚いコートを着せてましたが、
夫D君、私の忠告を聞かずにペラペラの春用コートで震えておりました(爆)

到着後は大量の荷物をタクシーに詰め込み、仮住まいのアパートへ
Life style livingという会社で私達はこちらの部屋を1カ月レンタル
綺麗で何でも揃っていたし、サービスも良かったので好印象♪
でもアリが出たのには閉口しましたが、すぐに対処してもらえました

そして一番重要な子供達の学校面接
まずは長女Aのインターナショナル・スクール
第一希望の学校は定員一杯で来年からしか入れないので、
第二希望のイギリス系インターを見学
小規模でアットホームな雰囲気は長女Aをホッとさせたらしく、
面接後そのままクラスに参加することに!
これには母さんも父さんも驚きました
だって長女A、天真爛漫にみえて、実は引っ込み思案な性格なのですから・・・
そして翌日には普通に通学し、8;30~15;10までのフルタイム
さすがに少々お疲れ気味の長女Aでしたが、とても楽しかったとの事
いつも強気な母さんも、これには涙が出るほど嬉しかった
実は私も長女Aと同じ年の頃、日本で転校を経験し、
とっても心細く、寂しかった記憶が強烈に心に残っているのです・・・
彼女と私は性格がとても似ているので非常に心配だったのですが、
これで母さんも肩の荷がおりました
長女A偉いぞ!これからも頑張ってね~♪

お次は次女Jの幼稚園
こちらは夫の職場内に公立の幼稚園が併設されているので、すぐに連絡
問題は三歳枠しか空いていないとのこと・・・
オムツが取れていれば入れてもらえるとの情報を得て、
早速トイレ・トレーニング開始!
現在二歳半の次女J、全然はかどらず母さんストレス溜まりっぱなし
結局オムツのままダメモトで面接を受けることに・・・
幼稚園には広いお庭に遊具がたくさんあり、
室内も清潔で広く明るく、すぐに気に入りました
でも入れてもらえなければ、意味が無いよね・・・と思っていたところ
なんと三歳児クラスに空きがあり、二歳半から三歳児五名を合併させるので、
その枠に次女Jも入れてもらえることに!
母さん小躍りして喜んだのはいうまでもありません(爆)
でもドイツ語で大丈夫かな?
やっと最近日本語&フランス語を片言しゃべるようになったばかりなのに・・・
と心配していた所、次女Jいきなり30分一人で教室に残ることに!
「あぁ~きっと泣き叫ぶだろうな~予約取り消しになったらどうしよう?」
なんて心配していたのですが、泣きもしなければ、母を捜すこともせず、
回りの子達と同じようにお絵かきして遊んでいたそうです
私達が迎えに行くとさすがにホッとした表情の次女Jでしたが、
無事翌日から通えることになりました
園長先生から何の指示もなかったので通常通り8;30~12;00まで、
預かってもらえると思っていた私達夫婦
実は最初は30分の慣らし保育からだそうで、
初日から半日保育したのは初めてだと先生に言われました(苦笑)
でも次女J朝パパと別れる時に泣かず、
すぐに順調に遊び始めたのでそのまま預かってくれたらしいのですが、
まったく問題なく半日過ごしたので、もう慣らし保育は必要ないでしょうとの事
これには担当の先生もビックリされていました
凄いね次女J!君はこの先何処でも生きていけそうで、母さん心強いわ♪
この調子で頑張っておくれ!
[PR]
by madameinwien | 2009-04-01 04:47 | 生活


lastcupid55
ブログパーツ
最新の記事
2011年2月ワイン会
at 2011-10-03 21:40
カフェ・ザッハ
at 2011-09-25 05:45
Eさんの甲状腺がん
at 2011-06-06 02:04
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
★エキサイト以外のリンク★
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧